代表挨拶・コラム|株式会社リクシィのブライダル・結婚式場コンサルティング

安藤正樹 安藤 正樹 Masaki Ando note face book

2001年より学生時代から創業メンバーとして参画している株式会社ドリコムで、営業担当取締役として、インターネット関連の新規事業の立上げ、事業拡大、営業部門のマネジメント/採用全般を担当し、東証マザーズ上場に貢献する。

2009年4月、株式会社エスクリに入社し、東証マザーズ上場を経験後、結婚式場の責任者、マーケティング部門の責任者を経て、取締役事業本部長に就任し、東証一部指定替に貢献。
その後、常務取締役として事業部門を管掌し、結婚式場30施設、内製部門、新規事業、HRを統括、売上262億円/ 社員数1023名の規模(連結)へ成長させた。
業界誌での連載や講演などを通じて、業界内でも注目を集める。

2016年5月、「ブライダル業界の構造改革」をミッションに掲げ、株式会社リクシィを創業。
2社でのIPO、1000名以上の面接経験、ブライダル領域/インターネット領域への精通、1~1000名の組織マネジメントの事績が特徴。

株式会社リクシィ代表取締役社長の安藤正樹でございます。

少子化によるマーケットの縮小、会場数の増加による競争激化など、外的環境の変化から、今までの通りいっぺんのやり方だけでは業績を伸ばすどころか、事業継続に疑義がおこる時代がすぐそこに来ています。

お金のある企業が生き残り。お金のない企業が淘汰される。
それはある意味、資本主義の必然と言えるのかもしれません。

ですが、本当にそれでいいのでしょうか。質の高い結婚式を提供しているかどうかと、お金があるかどうかは、残念ながら、本業界においては相関があるとは言い難いと感じています。

そこで、リクシィのブライダルコンサルティングでは、顧客に高い価値を提供されている会社やその可能性のある会社に対して、ブライダルならブライダルで、ブライダル以外ならブライダル以外で、変化を起こす支援を行うことで、危機への対応やさらなる成長をもたらします。

これからの時代、既存の戦略のみでは生き抜くことが難しくなるでしょう。新たな売上/利益の創出が必要となります。ヒントは、ブライダルというサービス自体にある。強化すべきポイントを適切に見つけ適切に対処していくという方法もあれば、ブライダルを強みとした新たな事業やサービスを起ち上げることも十分考えられます。

我々は、‟ブライダル業界の構造改革、結婚式であふれた世界を創る“というミッションを実現するべく、ブライダルの実務経験にインターネット/ITを掛け合わせ、次代に対応する施策を構築/実行することで、ブライダル関連企業様をサポートしていきます。

無料提案を受ける

メンバー紹介

  • 山口 淳司

    山口 淳司 -Junji Yamaguchi-

    立命館大学法学部卒業後、人材紹介会社に入社し、ヘッドハンティング事業に携わる。2011年、大手ウエディング企業に入社し、ウエディングプランナーを経験後、コンサルティング/運営受託事業の責任者を担当。年間80会場を視察し、M&A/事業譲渡/運営受託等の全20屋号のマネジメント、同社子会社の営業統括を行う。2014年全社MVPを受賞。2016年7月、株式会社リクシィにパートナーとして参画。2017年7月、株式会社リクシィ取締役に就任。

  • 河村 拓也

    河村 拓也 - Takuya Kawamura

    ソフトバンクモバイル株式会社に入社し、法人営業を経験。大手ブライダル会社でウエディングプランナー、コンサルティングを担当した後、新スタイルウエディング事業の立上げと事業責任者を務め、社内賞を受賞する。2017年4月、株式会社リクシィに参画。

無料提案を受ける